ホール主催の催し物

  • 2013年12月21日 (土)   開演16:00  開場15:45


    クリスマス・コンサート



    [ 出演 ]
    京都楽癒コンサート・クリスマス合唱団
    西脇 洸一(指揮・ヴァイオリン)
    端 正史(キーボード)


    絵本スライド "Silent Night"
    illustrated by Susan Jeffers
    端 正史 オリジナル曲(初演) その他


    [ チケット ] ¥2,000  小学生~大学生以下 ¥1000

    未就学児の入場はお断りしております。

  • 2013年11月17日 (日)   開演14:30  開場14:00


    エフゲニー・ザラフィアンツ  ピアノリサイタル


    エフゲニー・ザラフィアンツ


    [ 出演 ] エフゲニー・ザラフィアンツ


    プロフィール 


    べート―ヴェン ソナタ第14番 嬰ハ短調 Op.27-2「月光」
    ソナタ第6番 へ長調 Op.10-2
    ソナタ第5番 ハ短調 Op.10-1
    ショパン マズルカより3曲 シューマン 幻想曲 Op.17 ハ長調


    [ 前売り ] ¥3,500   [ 当日 ] ¥4,000

    未就学児の入場はお断りしております。

  • 2013年9月21日 (土)   開演15:00  開場14:30


    ヴィオラ・クヮルテット


    ヴィオラ・クヮルテット



    テレマン 4本のヴィオラための協奏曲 TWV 40-201
    ラルゴ,アレグロ,アダージオ,ヴィヴァーチェ
    ヴァインツィール セレナーデ 作品34 フンメル 序奏とアレグロ モルト 作品36b ボエン ファンタジー ヴィエニャフスキー カプリース 作品18より№2と№4 ピアソラ コントラバジェアンド,ラ・ミスマ・ベナ
    アディオス・ノニーノ,リベルタンゴ,オブリビオン
    グティエレス アルマ・ジャネーラ(ベネズエラ第二の国家) ガリンデス エル・ディアブロ・スエルト その他お楽しみプログラム


    [ チケット ] ¥2,000

    未就学児の入場はお断りしております。


    [ 主催 ] かめおか桂ホール
    [ 後援 ] 駐日ベネズエラ・ボリバル共和国大使館

  • 2013年7月7日 (日)   開演15:00  開場14:30


    映像で楽しむ音楽鑑賞セミナー Part6
    シリーズ 映像で見聞きする"巨匠の時代"(4)
    ~七夕の夜、星になったパヴァロッティに会う~


    [ 企画・お話 ] 西脇 洸一


    西脇 洸一講師よりのメッセージ 三大テノールの一人、ルチアーノ・パヴァロッティほど愛されたテノールはまれでした。しわくちゃのハンカチを握りしめて一生懸命歌い、ひげ面いっぱいに、ほほえみをたたえて拍手にこたえる様は、とても愛嬌があったものでした。その彼も昨年に亡くなってしまい、もうあの豪快な歌声を聴くことができません。
    数ある彼の映像のうちから、故郷の町での合唱の伝統から彼が生まれ出た事、小学校の先生から歌手に転身したことなどをたどり、彼が歌うイタリア歌曲、イタリア民謡、そしてオペラのアリアをご一緒に楽しもうと思います。
    ニューヨーク,セントラル・パークでのコンサートの模様もお目にかけ、初夏のコンサートにしたいと思っております。


    [ 参加費 ] ¥500

    未就学児の入場はお断りしております。

  • 2013年5月19日 (日)   開演15:00  開場14:30


    韓 吏花(はん りふぁ)  ピアノリサイタル


    韓 吏花 (はん りふぁ)


    [ 出演 ] 韓 吏花 (はん りふぁ)


    プロフィール 


    モーツァルト "ああ、お母さんあなたに申しましょう"
    の主題による12の変奏曲
    ベートーヴェン ピアノソナタ第23番 ヘ短調 作品57「熱情」 ブラームス ヘンデルの主題による変奏曲 作品24


    韓 吏花よりのメッセージ 私がウィーンで音楽を学ぶきっかけとなったコンクールで出会ったベーゼンドルファーのピアノ。
    その音色の虜となったときの記憶は今でも鮮明で、それ以来最も愛するピアノとなりました。凛々しいタキシード姿のハンスホラインモデルが、温かい木のぬくもり感じるかめおか桂ホールで、私が大切に想う作品をどのように響かせるかをお楽しみ頂けたら嬉しいです。


    [ チケット ] ¥3,000

    未就学児の入場はお断りしております。

  • 2013年3月24日 (日)   開演15:00  開場14:30


    クインテット・アッサンブラージュ
    シューベルト&ヴォーン・ウィリアムズ


    [ 出演 ]
    釋 伸司(ヴァイオリン)
    京都市立芸術大学卒業。いずみシンフォニエッタ大阪、マイハート弦楽四重奏団メンバー。
    京都フィルハーモニー室内合奏団コンサ-トマスター。アッサンブラージュ主宰。
    永松 裕子(ヴィオラ)
    東京芸術大学卒業。日本センチュリー交響楽団ヴィオラ奏者。 山岸 孝教(チェロ)
    京都市立芸術大学卒業。ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団首席チェロ奏者。 関 一平(コントラバス)
    京都芸術大学卒業。フリーランス。 釋 智美(ピアノ)
    国立音楽大学卒業。フリーランス。
    クインテット・アッサンブラージュについて ヴァイオリニスト釈伸司率いる、関西の名手が集まって、上質でみずみずしい演奏を持ち味としているアンサンブルです。
    室内楽のレパートリーは、オリジナルからアレンジ作品までとても多く、知られざる名曲を積極的にプログラミングする姿勢にも評価が高いです。
    室内楽公演の他、全国各地の小・中学校などでの学校公演、レクチャーコンサート、CD録音、落語家との共演など、幅広く活動しています。


    フランツ・シューベルト ピアノ5重奏曲「鱒」イ長調 Op.114 D667 ヴォーン・ウィリアムズ ピアノ5重奏曲 ハ短調


    [ 前売り ] ¥3,500   [ 当日 ] ¥4,000

    未就学児の入場はお断りしております。

  • 2013年2月7日 (日)   開演14:00  開場13:30


    映像で楽しむ音楽鑑賞セミナー Part6
    シリーズ 映像で見聞きする"巨匠の時代"(3)
    ~伝説に聞く巨匠たち~
    "精神の深淵をのぞく・・・
    ダヴィッド・オイストラフの紡ぐ音楽"


    [ 企画・お話 ] 西脇 洸一


    西脇 洸一 講師よりのメッセージ 20世紀半ばを中心に、活躍したロシアのヴァイオリニスト、ダヴィッド・オイストラフ。
    彼の作りだす音楽は、音楽の本質を訪ね求める深い精神性に裏付けられています。
    折り目正しく、切り込みの厳しい音楽は、音楽が単なる娯楽や教養でなく、人の生き方に、何が重要なのかを教えてくれるように思います。
    今回は、シベリウスとチャイコフスキーの協奏曲、そしてブラームスの第3ソナタを映像で鑑賞しようと思います。
    皆様のお越しを、お待ち申し上げております。


    [ 参加費 ] ¥500

    未就学児の入場はお断りしております。

ホームへ戻る
このページのトップへ戻る